2016年2月19日金曜日

SBI北尾社長の講演@永田町 ザ・キャピトル東急


今日は、SBIの北尾社長の講演会に参加してきました。参加者の皆様は創業50年を超えるような会社や上場企業の経営者の方々で、経済界倶楽部の会員となっている企業の皆様。ご縁があってご招待いただき、身の引き締まる思いでした。

テーマは「リーダー論」。

北尾社長のお話は、論語・諸葛亮孔明・易経など様々な文献から得た知見を元にまとめられており、久々に心を抉られるような感覚になりました。特に2つのお話が心に残っています。

1つ目が、「リーダーたるもの、公に尽くすという志をもった人物でなければならない」というお話です。必ずしも経営者や政治家のような立場であることが大事なのではなく、例えば母親として「次世代を担う人(子ども)を育てること」も、立派に公に尽くす行為だとおっしゃっていたのが印象的でした。

2つ目が、「我が身に振りかかる事柄すべては絶対必要であり、また絶対最善であること」というお話です。どんなに辛いことも、困難なことも、不条理なことも、その人にとって必要であり最善であるということ。並大抵の心持ちではこの考えに至ることはできないのではないでしょうか。しかし、そう思える強い自分でありたいとも感じました。




ちなみに今日から、コーポレートカラーの赤で統一した新しいステーショナリーを使い始めました。

・F.O.B COOPのA5サイズノート
・GRANESS 10th Anniversary のデザインが刻印されたボルドーの本革製ノートカバー
・化粧箱屋さんからお年賀で頂いた、赤のボールペン(書き心地が抜群!)

の3点です。

最初に記入したのが、北尾社長のお話の内容だったので、心を新たに前進していきたいと感じました。