2016年5月19日木曜日

小旅行☆親友を訪ねて


緑が美しい季節。先週末は、大学院時代の親友を訪ねて群馬県へ小旅行に行ってきました♪ 彼女が企画してくれて、「グリーン牧場」と「ハラミュージアムアーク」をめぐりました。二つの施設は同じ敷地にあります。



お目当ての一つが、建築家・磯崎新さん設計による美術館の建物。ロサンゼルス美術館、京都コンサートホール、湯布院駅舎など、国内外の多くの作品を手掛けた著名な建築家です。

青い空と緑の芝の上に忽然と現れる黒の建築物。

実際に足を運ぶまでは、なぜ黒なのだろう? 自然界の色には、白の方が合うのでは?と感じていましたが、実物を見ると「黒」でなければならないその理由が分かった気がしました。




空間に一歩足を踏み入れると、外の景色は黒の屋根・梁・柱に切り取られ、光が美しく差し込みます。そして、黒の建築が「額」の役割を果たし、景色が「絵画」のように見えるのです。白の建築であれば、景色との境界線がぼやけてしまい、こんなにもはっきりと景色が切り取られることは無いでしょう。

絵画を鑑賞してドアを開けると、広がるのは黒の廊下。まるで借景のような手法で「青と緑」が「黒」で切り取られ、溜め息が出るほど美しかったです。

続いて牧場。



馬も、牛も、羊もたくさんいましたが、最後はウサギ! 親友も私も卯年なので、牧場を一周して最後に見つけたウサギの可愛さに夢中になりました。

黒ウサギは「つぶあん」「こしあん」と名付けられ、白ウサギは「ホイップ」「クリーム」などの名前が付けられていました^^; ぷっくりとしていて可愛らしかったです♪



動物のウサギは、怖がりでいつも寄り添っています。同じように、卯年同士は相性が良く、仲が良いそうです。

夜は親友の家に泊まらせてもらいました。卒業してすぐの時、同じように同じ場所でお泊まり会をして、夢いっぱいで未来を語り合った時を思い出しました。

あれから、およそ4年ぶりの訪問。お互いに近況が大きく変わっていて少しだけ大人になったけれど、あの時のように再び夜遅くまでおしゃべりしてしまいました^^