2017年1月27日金曜日

夢の舞台、サントリーホール



オーチャードホール・東京オペラシティ・サントリーホールと続いた4公演では、プログラムの裏表紙にGRANESSの宣伝を掲載いただきました。





こちらが表紙。ワーグナーとブラームスが描かれています。4公演のうちの2日間は、ワーグナーの歌劇『タンホイザー』序曲、そしてブラームスの交響曲第1番 ハ短調が演奏されました。





そして今夜は、いよいよサントリーホールでの公演でした。

子供の頃に初めてクラシック音楽に触れた場所でもあり、たくさんの素晴らしい音楽に出逢わせてくれた場所。そんな舞台に、こうした形で戻ってこれたことがとても幸です。